中華料理いろんなメニューがありますよね。そんな中

by MX on / 未分類

中華料理、いろんなメニューがありますよね。そんな中、上海蟹をご存知でしょうか。この蟹は、高級料理として認識されていますが、元々上海蟹といったのは、中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹といったのです。

年間とおして入手可能なので常に口にすることができますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、極上の味として貴重な一品です。かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になるでしょうよね。つい最近まで、通販でかにを買うと、鮮度に問題ありといった評判ばかりでした。

今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。

加工保存や流通システムの発展はものかなり、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで味も鮮度も充実しています。とはいえ、どの通販もすべて期待通りの美味しいかにを買えるとは言えませんから、信頼できるところから購入する事が必要です。激安が売りのかに通販も多々ありますが、返品もできない生鮮品ですから見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりといえないのが現状です。そんな中で、まずは信頼できる業者から購入する事が安く美味しいかにを購入するために必要です。通販ビギナーにとって良心的な業者を探すのは大変なので、インターネットの比較サイトを上手く活用してよかっ立と思える買い物にしていきましょう。

食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

後は、毛蟹も有名ですね。
その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、たまらないといった方は多いようです。ズワイガニも多く出回っており、その味も有名なところです。

どのかにも、独自の味わいがあり、この料理ならこのかに、といった方持たくさんいます。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。
海水より濃くないくらいで、塩味がついたな、といった感じを保ってちょうだい。大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ鍋にすべて収めてちょうだい。そして、茹でる前に全体の汚れを落とすときれいな状態で食卓に乗せられます。
蟹好きの私には嬉しい季節になりました。

至高の蟹に舌鼓を打つべく、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、もう十年来の習慣でしょう。

私が毎年必ず足を運ぶのは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、函館市内に位置する蟹料理専門店です。

割と有名なお店ですよ。

他では味わえないような、新鮮さをいかした蟹料理の数々に存分に舌鼓を打つことができます。
今年もそのお店に行くのが楽しみです。蟹通販で狙い目なのが、ワケアリの蟹。その購入をそれがお得だと敢えて主張するのにはちゃんとした理由があるのです。

まず、普通のお店で蟹を買うとすると、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、特にお得だと感じることはないですよねよね。

ところが蟹通販では、実店舗とは違って、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、理由ありの品として普通より安く売っていることがあるので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお奨めできるのは蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。
蟹しゃぶや刺身は漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。もし風味が足りないと感じ立ときには、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、さまざまな味わいを楽しめるので飽きがありません。
美味しいタラバガニを選んでいますか?選べるなら、オスの方が美味しいのです。メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。
タラバガニを食べるときにぜひ味わいたい脚が美味しいのはどちらかといったと雄を選ぶべきですよね。

さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてちょうだい。本物のタラバガニなら、突起は6つあるはずで、突起が4つの場合、それはアブラガニといったちがう種類を買わないよう用心してちょうだい。活かにの下ごしらえはご存じですか。きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてちょうだい。
軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、一息に半身を外します。胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてやっと現れたかに味噌を取りのけます。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒高齢者向けに便利な食材宅配が人気です

MX