子をもつ親となりました。この機会に一生使える実印を作っ

by MX on / 未分類

子をもつ親となりました。この機会に、一生使える実印を作ってあげようとさまざま見ています。ずっと使ってほしいので、丈夫な素材で品質の高いもの。しかし、以外と印鑑は高いですよね。

でも何年も使って貰うためには、ちょっといいものを選んであげたい。
そしてその実印を使って、初めての銀行の通帳を作ってあげて少額でもまめに貯金して、成人した時に渡してやりたいのです。ってなると、象牙かな?実印の大きさは、苗字と名前が入るから大きい。
印材をこだわると、だんだん高価になりますね。印材を何にするかによって値段はさまざまですが、一般的には5千円以上から、1万円ぐらいの値段が売れ筋のようです。やはり実印なので、この程度の値段の格をもとめているのでしょう。

実印を印鑑屋で買おうと思ったのですが、インターネットで値段を見てみるとすごく安くて驚きました。手彫りもあるということで不安なく使えると思い注文しました。いわゆる実印は、大切な契約や取引に必要で、印鑑の中でも重要なものです。

しかし、その割には、実印として役所で登録すれば、いわゆる三文バンの値段が安いものでも実印として印鑑証明を発行して貰えます。
しかし、印鑑には格式というものがあり、役割の大きな実印は、ある程度の材質に印相学でみてもらった文字で手彫りして貰うのが御勧めです。

印相学に則って手彫りにするのは、容易に陰影を真似て偽物を創り難くする意味と、大切な印鑑の運気を上げる意味合いがあるのです。
婚約者を紹介してすぐに母が、下の名前で彫った印鑑をプレゼントしてくれました。

象牙でできたもので、多分高価なのではないかと思います。

銀行の届出印として使用していますが、その度にげんきだった母の姿を感謝しながら思い出します。

子をもつ親となってから、名前は親からの最初の贈り物なんだなアトしみじみ感じ、ますますその印鑑をい通しく感じるようになりました。

愛娘が大人になる頃、私も印鑑をプレゼントするつもりです。

印鑑屋で銀行用の印鑑が使用していたのがわからなくなり、必要なときになると、持っている印鑑を全て持って窓口へ行くという、スマートさに欠ける方法を取っていましたが、公的な書類に押印する機会ができたので、せっかくの機会なので氏名を入れずっと使える印章を頼むことにします。

インターネットを使って実印を発注した時に、セットで銀行印頼めばセット価格になるということでした。使っていた銀行印は間に合わせの簡易なハンコを使っていて、なんとなくどうかと気にはなっていたので、このタイミングで造ることにしました。印鑑を新しく造るのだから、一般的な文字のタテ彫りではなく、ヨコ彫りにしてみました。

また、銀行印らしく、書体は吉相体にしてみました。

やはり、アタリをつけませんでした。
選んだ大きさは、少し大きめの12mmにしました。

ずっと大切に使用していたハンコの端が少しかけてしまったので、注文して新しく創り直しました。

かけている印鑑は良くないという話を人から聞いたんです。せっかくなので苗字ではなく下の名前を入れました。私の名前の漢字がいいなアト思っているからです。銀行印を変更して貰うなど、手間なこともありましたが、この際なので古い口座や必要ない口座をなくして、すっきりさせることができました。使わずにしまっていたクレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、中国銀聯などがあります)も解約したので、今度新しく印鑑を買ったことで大切な通帳や書類の整理ができるきっかけになりました。学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)の頃に、実印をきちんと作ったことのある人は私の周りにはいませんでした。

いつ実印を造るのかはそれぞれですし、使っていなかったどこにでもあるような印鑑をその時だけ実印として登録しておい立という方も思ったよりいてると考えます。

実印持たくさんあって値段もさまざまで、彫り方のちがいや印材で大きく差が出ます。

印鑑を手彫りして貰うと、安めの物で1万円くらいから、10万円以上する高価な印鑑もあります。

銀行印と合わせたセット価格で数万円程度が一般的に購入されている相場だと思います。

印鑑というのは長持ちするので、気に入ったものを持ちたいですよね。女性から支持が多いのは和柄、花柄などデザインのかわいいものです。

かわいくて大切に扱おうという気持ちになります。

和柄のはんこには赤い金魚だったり、ピンクのウサギなど様々です。おしゃれなネイルアートのようなキラキラをつけた印鑑もあります。
立体的なラインストーンがきれいな3Dデザインのハンコです。

スワロフスキーをつけた印鑑は、おしゃれでありながら落ち着いた大人のかっこよさもあります。

こんなかわいい印鑑はお祝いに贈っても喜ばれています。
親戚の就職内定が決まってプレゼントに実印を購入することにしました。インターネット検索で実印の価格や種類はどんなのがあるかを調べてみました。
印鑑には何回か選ぶ作業があります。選択肢の材質には、象牙やチタン、黒水牛など、書体には、篆書体や隷書体などがありました。
印材の特長について書体の使い分けを調べて納得のいく実印を購入できました。参考サイト:チタン印鑑でおすすめのお店はありますか?

MX